年収200万円ダメ営業何故年収3000万円のできる営業に(前編)

2020-03-22一押し知識, 過去記事人生を変える情報

営業マン心得!ダメ営業マンを売れる営業マンにしたのは”盗む”こと

今回は、売れる営業マンになるため、覚えておくべき心得を伝授します。
年収200万円のダメ営業マンが、年収3000万円の売れる営業マンになった手法は、
ダメ営業マンだったころ、売れる営業マンの手法をトコトン盗むことでした。

私は、過去郵便商品の営業マン、
すなわち、ゆうパックと年賀はがきの営業をしていたことがあります。
配達の仕事のかたわら、ゆうパックと年賀はがきも売れるようにするのです。
しかし、引っ込み思案でコミュ障の私には、配達は何とかこなしても、
営業マンと言ってもマトモに勤まるはずがなく、
売れる営業マンなど夢のまた夢、
結果、ダメ営業マンの烙印を押されて雇い止めとなり、

石もて追われる形で売れる営業マンになることなく郵便配達の職を去りました。

そのときの収入は、ざっと年収200万円ほどでした。

以後、もう営業職などするまい、私に売れるわけないと決めてずっと生きてきました。
しかしながら、最近私の知己に出会いました。
知己は、自信に満ちた表情、明るく朗らかでした。
かつては、私に似て、伏し目がちで引っ込み思案、友達もいない男だったのに。

彼は、もはや伝説と言われる、いっぱしの売れる営業マンになっていたのです。

彼はいかにして売れる営業マンになったか?!

中編へ続く!

※この記事は、実話をもとにしたフィクションです。